これは事件だ。

STAP細胞問題でCDBは、小保方晴子研究ユニットリーダー(30)も加わった検証実験を進めており、近く中間報告が出る予定。

加賀屋室長は「中間報告の内容は笹井氏には知らされていない。実験への影響は今の段階では分からない」との対応をしてたと言う。 遺書が4通だ、5通だと言っているが、これは事件だ、他殺だと思っている。
小保方晴子騒動が起こって8カ月近い、理研らの専門バカ学者集団らは見えざる陰の演出者のシナリオ通り、演出通りを踊りに踊っていたと私は見ている。
この自殺したとされる笹井芳樹元CDBセンター長を自殺で事を処理をし通せば、第二の、第三の被害者が出ると私は見ているが、扨て、どうなっていくでしょう? STAP細胞論文の共著者の一人で理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の笹井芳樹副センター長(52)が自殺 したことを受け、理研の加賀屋悟広報室長が5日午後、文部科学省で記者会見した。加賀屋室長は「電話やメールでやりとりはしていたが、普段とは違う様子 だった。心身とも非常に疲れていた」と述べた。

About

Categories: 未分類