アンドロゲン

酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて有効です。辛い二日酔いの根源物質といわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも関係しています。
男性にしかない前立腺はその生育や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)が大変深く関係していて、前立腺のガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の働きによって大きくなってしまいます。
高血圧(hypertension)が長引くと、体中の血管に重い負荷がかかり、身体中の様々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘発する率が大きくなるのです。
ほとんどの場合は水虫イコール足、ことさら足の裏にできやすい病気だと思われがちですが、白癬菌にかかる場所は決して足しかないわけではなく、人の体ならどこにでも感染してしまう危険性があるので注意してください。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹部の痛み・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合は強い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高熱も出るのが通例だといえます。
汗疱状湿疹は主に手の平や足の裏指と指の隙間などに小さな水疱がみられる皮膚病で、広くは汗疹(あせも)と呼び、足裏にできると水虫と勘違いされることが結構あります。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいては段階を経て聴力が落ちていくものの、通常60歳を超えてからでないと聴力の衰退をきちんと自認できないものです。
内臓脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多」、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2項目以上に当て嵌まる事例のことを、メタボと名付けています。
ストレスがかかり、溜まるという原理や、便利で効果的なストレスケア方法など、ストレスというものの全体的な知識を勉強しようとする人は、まだ少ないようです。
めまいは無いのに、辛い耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症する症例のことを区別して「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースが多いそうです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も症例の多い中耳炎で幼い子どもに多くみられる病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などの色々な症状が出現します。
強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間でクッションのような役割を担っている椎間板(ついかんばん)という柔らかくて円い形をした組織が飛び出してしまった様子のことを指しています。
メタボリックシンドロームであるとは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が付く型の体重過多が確認されるということで、辛い生活習慣病を発症しやすくなります。
インフルエンザ(流感)に適応している効果的な予防策や医師による治療等基本の措置自体は、それが季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3か所に分けることができますが、中耳の部分に様々なばい菌やウィルスなどが付き、炎症が起こったり、液体が溜まる病を中耳炎と呼ぶのです。

About

Categories: 未分類