不倫行為を行ったところで

探偵事務所の調査員は、依頼者との取引成立を受け、関係者に直接接触することになる聞き込み、張り込みや尾行調査、それ以外にもこれらに近いやり方で、調査を行う人物の動きを追跡して情報を収集し、結論をクライアントに正確に報告します。

不倫行為を行ったところで、お互いに納得してのことであれば刑法上の罪ではないため、刑法により処罰することはありませんが、道徳的に間違った行動であることは確かで支払うべきものはとても大きく重いものとなります。

不倫とは、既婚者が自分の配偶者とは違う男性または女性と恋人関係になり性交渉を行うことです。(独身の男性または女性が既婚の男性または女性と恋愛関係になり性行為まで行う状況も同じと考える)。

興信所は調査を進める過程で説明のできない日程の引き伸ばしを行い不必要としか思われない追加探偵浮気の調査費用を催促してくる場合があるため、どのような時に延長料金を取られるのか明らかにしておくべきです。

浮気の疑いが出たことに相当こたえていることもよくあるので、調査会社選びの際に落ち着いて検討するのが容易ではないのです。調査を依頼した探偵社によってこれまで以上にショックを受けることもないわけではないのです。

About

コメントを残す