台頭の下地

欧米でシステムエンジニアですと言ったら理系のエリート職になるが、日本ではIT土方。
システム業界がそういった土方臭が強過ぎて胡散臭い状況なので、

日本はハード技術は世界トップレベルでも、OSやDBやアプリケーションなどのソフト分野はまったくアメリカに歯が立たない。
アメリカのソフト分野の地位を脅かさないように、わざとそうしているのだと思える。
「ナチスの手口に学べば」=麻生氏、改憲めぐり発言。
これはワイマール憲政がナチス台頭の下地になったことを他山の石とせよ、と皮肉っているのではないのか?
マスコミや野党は、安倍や麻生をなにかというとナチスやヒトラーになぞらえて、自民=ナチスと刷り込もうと必死だが、現在最もナチス的なのは維新の会で、次いでみんなの党だろう。
ワイマール憲法下の選挙制度は、完全比例代表制だった。
そのため小党が乱立し、議会が安定しなかったため、国民は次第にカリスマを求めるようになり、右翼のナチスと左翼のドイツ共産党の両極が二大勢力となった。 そして大統領より全権委任を得たヒトラーが総統となった。

About

Categories: 未分類