国民全体

男性達は続々と戦場に召されるであらう銃後を護るのは我々女性である、一日も早く役に立つ医者にならなくてはとの自覚がもりもりと湧き上がって来るのでした」

「いよいよやったね」とは、アメリカが経済封鎖によって日本を追い詰めていったことに国民全体が積年の憤懣(ふんまん)を抱いていたから。
たとえば石油輸出禁止など、不倫調査 鹿児島日本経済の息の根を止めるようなルーズベルト大統領の対日政策に対しては共和党の下院リーダーであったハミルトン・フィッシュ議員も「日本を開戦に追込んだ責任がルーズベルトにある」と述べている。
この点を清水さんは次のように記している。 「開戦の詔勅に縷々(るる)述べられてある様に、長年の日米間のわだかまりは度々の日本からの平和裡解決の為の特使派遣にも拘わらず頑迷冷酷なアメリカの傲慢な態度に、遂に堪忍袋の緒を切らざるを得なかったのです」 「隠忍自重の末、戦争に踏み切らざるを得なかった日本、積年の憤懣の爆発は日本民族を奮ひ立たせ人々はワシントン迄攻め落とせといきり立ってゐました」

About

Categories: 未分類