多くの企業でどう流れを変えればいいのか

問題は「中途半端にブラックで中途半端にホワイト」な、多くの企業でどう流れを変えればいいのか、うーん、難しいですねぇ。

優しい人が悪人を育てる。信じられぬと 嘆くよりも 人を信じて 傷つく方がいい。 なんて歌もあるわけだが。 自分が傷付くだけなら存分にどうぞ、と思うが現実の社会においては下手に悪人を信用/放置/擁護する事は、巡り巡って他人を傷付ける事に電子タバコで禁煙寄与している事もあると思う。
人を信じてどこかの誰かが傷つくよりも、他人は信じられぬものとしてきちんとしたシステムを構築した方がいいと思う。
ちなみにこの場合、傷ついている/受けるべき利益から遠ざけられているのは「謙虚な妊婦さん」で考えるべきだと思う。 今のシステムは、「謙虚な妊婦さん」の最大利益になっているか?利益を損ねているケースやリスクを高めている面はないか? 改良されるべき、そして改良可能なのは「システム」だと思う。人の心をコントロールしようとするのは、・・・まぁ必ずしも否定はしないが難しいと思う。

About

Categories: 未分類