失敗や負けを恐れて『二番』でいることに安堵している

今は「医療ツアー」などとして自分の健康のために高い旅費を払う人も多い。
国益にさえなるのだ。 仮に、これを「嘘」と決めつけてしまえば、

小保方氏をアメリカなどが呼び寄せて似たような細胞を作り自分たちの利益にしようとするだろう。 実際、日本の技術者が安月給で裏切り、韓国に極秘技術を売り渡したのは最近の話だ。 これは技術に限らず、他の事にも言えるが、日本は常に『安全パイ』を狙う傾向がある。 いい悪いではない。
でも、『成功』は何千、何万のも失敗で生まれるものだ。 かつて民主党の『二番じゃだめですか?』という発言が物議をかもしたが、なんていうこともない。
非難していた人たちも多くは失敗や負けを恐れて『二番』でいることに安堵しているのだ。 私は、科学的見地とワイドショー的見地をはっきり分け静かに見守るべきであると考える。 少なくとも、宇宙人と会うよりかは可能性は大きいはずだから。 >彼女の会見で実験方法(レシピ)を公開しなかったことがマイナス要因になったが、それは当たり前の話である。

About

Categories: 未分類