戦前においても

治安維持法で逮捕された者たちには、もちろん特別高等警察による厳しい取り調べは行なわれたものの、ちゃんとした裁判が行われたこと、

そしてなに より、終戦後、この法律が廃止されるまでの間に、治安維持法によって死刑となった者が、実は誰もいないということが重要で、悪法と言われた治安維持法で あっても、死刑になった者が誰もいないということで、レッドパージを目的とした治安維持法なわけですが、戦前においても言論の自由は認められてたと思うわ けです。
まぁ、どこの国でも言論の自由は認めるが、言論の後の自由は認められているわけではないのはあるだろうがなwww
ある意味、今は如何なる犠牲が出たとしても、言論の自由や報道の自由や報道しない自由まで認められて、ある意味カオスの状態ですが、これがいいとは思えないわけで、どのようにして、国民の知る権利や機密事項の両立が出来るかというのを問われているわけです。
運用次第では言論弾圧に繋がる秘密保護法案なわけですが、表向き綺麗に思える形で秘密保護法案を制定しても刃になるわけで、危険な法案であるのは事実です。

About

Categories: 未分類