日銀の金庫

実行したとすると、1000兆円もの過剰な資金が市中に出回ることになります。

なりません。
国債が償還されるだけで、日銀の金庫にこの紙幣が入って終わりです。
なぜなら額面1000兆円な紙幣を流通させるような経済活動は世界中のどこにも無いからです
国債が償還されるだけで、日銀の金庫にこの紙幣が入って終わりです。

そのようにはなりません。
国債を購入しているのは日銀だけではなく、皆さんが預金をしている金融機関や個人で国債を購入している人もいるのです。
皆さんが銀行に預金をすると、銀行はその預かったお金で、国債を買うのです。

ですから、国債が償還されないと、銀行は預金の引き出しがあった時に、預金者にお金を返すことができないのです。
ですから、個人が預金を下ろす時に、政府紙幣を受け取る羽目になるのです。
もし、政府が何の担保もなしに政府紙幣を発行すれば、日本国内では強制通用力が効きますが、国外で外国人は、そんな政府紙幣を紙くずだと思ってドルと交換してくれません。

こうして、日本には手持ちのドル少なくなり、輸入される石油や穀物の値段が日本円に換算すると何十倍にもなってしまうのです。
なぜなら額面1000兆円な紙幣を流通させるような経済活動は世界中のどこにも無いからです
事実に反します。

About

コメントを残す