昔のように

それなりに子供の数を作っていた現在の高齢者でも、老後はやはり夫婦だけでほそぼそ暮らすか単身世 帯になってしまっているケースが多いので、

子供の数が1~2人の範囲にほぼ収まる(離婚率もそれなりにある)現代の結婚が『長期的な孤独感回避・困窮時の 援助獲得』にどこまで役立つかはお互いの努力・意思・子供の育ち方(気質・性格)と運にかかってくる部分はありますね(^^;)
とはい え、現代の道徳観として『自分・老後のために家族を作るという考え方』自体が否定されがちになっているので、基本的には『子供さえ幸せ・元気でいてくれれ ばそれで良い・できるだけ子供や孫には迷惑をかけないように準備しておく』という前提もあってなかなか結婚まで踏み切れないところ(出産は大卒程度の子供 の人生のかなりの部分までの責任・金銭負担を負うことも意味するようになっていて、昔のようにただ食べさせて義務教育を受けさせれば良いという適当な育児 観を持てなくなっている)もあるでしょうね。

About

Categories: 未分類