毛ガニ

花咲ガニ、これは他のカニの中でも数そのものは少なすぎるほどで、漁猟のできる期間が7月、8月、9月のみで、それだから、最高に味ののるシーズンも9月から10月のひと月と残念なほど短いです。

素晴らしい北海道の毛ガニのさっぱりとした甘さ、芳醇な蟹味噌の味と贅沢な舌触りに満ち足りた後の大詰めは、やはり甲羅酒を召し上がりましょう!毛ガニはやはり最高です。

煮立てたものを味わうケースでは、あなたが茹でるのに比べて、ボイルされたものを知識を持っている人が早急に冷凍にした売り物の方が、正真正銘のタラバガニの素晴らしい味を楽しめると思います。
メスのワタリガニに関しては冬期〜春期の頃には生殖腺が活発化することで、腹部にたまごを保持することになります。プチプチとしたたまごも召し上がれる味や香りが豊富なメスは、実に旨いです!

潮の干満差が大きい瀬戸内海で人気のカニと言ったら成長期によって住む場所を変えるワタリガニのことで、足の最尖端がひれの型となっており、海を泳ぎ切ることからこの名称がついています。甲羅の全幅が13センチより大きい物でないと漁をする事ができません。

About

コメントを残す