水平

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという性質があるので大気中に存在するオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊するなど、肌に悪い影響を与えるのです。
子供の耳管の仕組みは、大人に比べると幅広で短めの形であり、且つ水平に近いため、雑菌が侵入しやすくなっているのです。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を発症するのは、これが関係しています。
明るくない場所では光量が足りなくてものが見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、レンズのピントを合わせるのに不必要な力がかかってしまい、明るい場所で物を眺めるよりも疲れやすいです。
ハーバード大学医学部の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインの除去されたコーヒーを代用することで、なんと直腸癌の発症する確率を約52%減少させることができたそうだ。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かずにじっとしていても燃えてしまうエネルギー量のことであり、その50%以上を身体中の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が消費していると言われているようです。
ストレスがかかり、蓄積してしまう理屈や、簡単なストレスのケア方法など、ストレスに関わる詳細な知識を保持している方は、現時点ではまだ少ないようです。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値でモニターできますが、ここ2、3年肝機能が悪化している日本人の数が明らかに増加しているということが判明しています。
20歳代、30歳代で更年期になったとしたら、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患を指します(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と定義します)。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が主因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の因子としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが関わっているのです。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の辛い症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に比例しているかのように酷くなる性質があるとのことです。
ものを食べるという行為は、次に食べたいと思った物を気軽に口へ運んで何度か咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後人体は本当によく動き食物を体に取り入れる努力を続ける。
目と目を合わせることなどで、高齢者が猫を愛おしいと思った時に「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを和らげたりヒーリングなどに結びつきます。
下が90以上の高血圧が長引くと、体中の血管に重い負荷がかかった挙句、身体中至る所の色々な場所の血管にトラブルが起きて、合併症を誘引する公算が拡大します。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことであり、免疫不全を起こして些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう症候群の事を総称しています。
複雑骨折によりかなり出血した状況では、急に低血圧となって眩暈や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、意識喪失などの色々な脳貧血症状が出る時があります。

About

Categories: 未分類