花咲半島

切り分けられていない浜茹での花咲ガニの購入をしたならば、準備の際、手を傷めてしまうことはありますから、軍手や料理用手袋をつかえば不安がありません。

花咲ガニが格別であるのは、花咲半島(根室半島)で非常に多く棲息している皆さんもご存知の昆布が大きな理由です。昆布を食べて大きくなった花咲ガニならではの言葉にできないほどの風味を蓄えるわけです。

誰もが憧れる地、北海道の毛ガニの細やかな旨み、リッチな蟹味噌の味と高級な舌触りに満足感を得た後のエンディングは、味わい深い甲羅酒をおすすめします。毛ガニなら間違いありません。

ヤドカリと同種のタラバガニは、味噌が入っているところは食用のものではないと伝えられています。毒気が保有されている・黴菌が生殖している傾向も予想されるため回避することが必須です。

どちらかと言うなら殻は硬くなく、扱いやすいということもウリです。大きなワタリガニを手に入れた時には何としても蒸すとか茹でるとかして口にしてみるのはどうですか?

About

コメントを残す