関東だけで乗るなら

先月予約した名鉄manacaカードが届いた。
これは、IC乗車カードで、ようやく名鉄電車も導入した。

使える範囲は、名鉄電車、バス、豊鉄電車、名古屋地下鉄、名古屋市営バス、あおなみ線である。
これまでのSFトランパスと同じであるが、県内の名鉄グループ他社バスは使えない。
さらに、SFトランパスは5000円券だと、5800円分使えて、カードがあるうちは期限はなかったが、今回のものは、一ヶ月に2000円以下の利用だとポイントがなく、一ヶ月に10回以下の利用でもポイントが付かない。
利用が少ない人にはお得が減ったということだ。

れんぞうは、suica、PASMOと新幹線のICカードを持っているが、suicaは全国のJR線と福岡地下鉄、西鉄電車、バスも使え、PASMOは首都圏のほとんどの鉄道、バスに使えるので、便利である。

関東だけで乗るならPASMOでけでも用が足りる。

さて、今回のmanacaは明日(2月11日)から全てのサービスが可能となる。
記名式カードなのでマイレージの他に、加盟店でのお買い物ポイントも貯められるように「たまルン」の登録も明日からである。

それにしても、このICカードだが、全国統一できないものかと思う。

例えば、suicaは全国のJR線で使えるが、JR東海の駅で乗り、西日本の駅で降りることは出来ない。
これでは、長距離を在来線で移動するには従来の切符を買う必要があり、不便である。

About

Categories: 未分類