難易度アップ

毎年毎年2万名〜3万名程度の方たちが受験をして、僅か600名〜900名ほどしか合格を得られません。

その点をピックアップしても、司法書士試験の難易度の高さが判別できるといえます。
常に何でも「法律を基軸とした考える力が備わっている人」であるかそうでないのかということを確かめるような、スゴク難易度アップの試験になりつつあるのが、つい最近の行政書士試験の現実の姿ではないでしょうか。

簿記論の科目につきましては、理解しないといけないことは数多いですけど、総じて計算する問題で出るので、税理士になろうとするためには、相対的に独学で行っても勉強がとりかかりやすい専門科目となっています。
今日び、司法書士試験の合格率の値につきましては2・3%程度となっております。要必須とされる学習にあてる時間との相互の兼ね合いにて考えたら、司法書士の試験がどれ位難関となってるか想像出来るでしょう。

すでに日商簿記2級や1級の資格を完全独学で合格することが出来た方であるなら、税理士試験におきまして簿記論&財務諸表論の2つについては、これもオール独学で合格を得るというのも、難易度が高い事柄ではないといえるかもしれません。

About

コメントを残す