電話応対

外国籍企業の勤め先で望まれる商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本の社会人として所望される動作や業務経験の枠をとても大きく超過しているのです。

【知っておきたい】電話応対すら大切な面接試験の一環と位置づけて取り組みましょう。反対に見れば、そのときの電話の対応であったり電話内容のマナーがよいとされればそれに伴って評価が高くなるのだ。

就活をし始めたころ、「すぐにでも就職するぞ」そんなふうに燃えていたけれども、何回も採用されないことが続いて、こうなってくるとすっかり面接会などに行くことでさえ恐怖を感じてしまうのだ。

満足して仕事をしてほしい、少々でも条件のよい待遇を許可してあげたい、ポテンシャルを発揮させてあげたい、育ててあげたいと企業も思っていることでしょう。

実は、仕事探しのときには、ぜひ自己分析(自己理解)をやっておくとよいのでは?と指導されてそのとおりにしたのだけれども、はっきり言って期待外れで何の役にも立たなかったのです。

About

Categories: 未分類